ホームページはこちら↓
万葉集 絵かるたホームページはここをクリック
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
日本画
 
  
 日本画の作品展の記事が新聞に掲載されました。

3月1日の静岡新聞(中部版)です。

説明をしているのが森谷明子先生です。


Oさんはかわいがっている猫の絵で題は「な〜に?」。

Tさんはご主人とカナダ旅行をして感動した美しい湖の絵を描きました。

Iさんは息子さんがワインとお食事のお店をなさっていらっしゃるのでそのお店に

飾るための絵を描きました。

皆さんそれぞれ心に感じた物を描き、また個性あふれる作品ばかりです。


私はとても難しかったけれど何とか描けました「牡丹」と

モクセンナとキジバトを描きました「小春日和」の2点を出品しました。


「椿の里」の園内の椿の見ごろはもう少し先でしょうか。

山の上にありますので鳥の鳴き声も楽しめます。

posted by: y-sakurada | お知らせ | 21:50 | comments(0) | - | - | - |
日本画
 


 私の習っています日本画講座の生徒達の作品展があります。

山桜の大好きな森谷明子先生の下、自然や花が好きで絵を描くことが好きな仲間達の

作品展です。

いつも絵を描きに来たのかおしゃべりにこたのか・・・そんな生徒達を暖かく優しく

森谷先生がご指導して下さいます。

そのような中、先生が展示会をしましょうと提案して下さり「椿の里」での展示が

決まりました。

やはり教室の仲間以外の方に自分の絵を見て頂くことはいつになく気持ちが

引き締まる思いがあります。

今まで名前や落款を入れていなかった絵に筆を入れ印を押し自分なりの絵が完成しました。


それぞれ個性あふれる作品の数々です。

作品展のみでしたら入場無料ですのでよろしければお立ち寄り下さい。

posted by: y-sakurada | お知らせ | 11:03 | comments(0) | - | - | - |
ラジオの収録
 


先日ラジオNIKKEIへ収録に行って来ました。

この番組は花鳥園グループ代表加茂元照さんがパーソナリティで毎回各界の方を招いて

日本のこれからを話し合う「リーダーズ放談〜未来を描く」という題です。

8回の放送を終えていて政治家では橋本大二郎さん、柳沢伯夫さん

育種家の小森谷彗さん、イベントプロデューサーの福井昌平さん

前東京学芸大学学長の鷲山恭彦さんなどが出演されています。

今回ゲストで招かれ万葉集について話しました。

加茂さんは小学校低学年の時すでに万葉集を100首覚えていました。

内容はわからなくても古典文化をかるたの形で遊びながら知っていました。

大人になるにつれて歌の意味がわかってきたことは有意義だったとおっしゃっていました。

「万葉集絵かるた」を創るいきさつやかるたの紹介をさせて頂きました。

改めて日本の文化の土台である万葉集に携われた事を有り難いと感じました。

司会の大里さんやプロデューサーの坂巻さんの暖かい雰囲気の中での収録でした。

この放送は短波放送でパソコンで前の放送も聞けます。

ラジオNINNKEIと番組名、11月3日を検索して下さい。

この放送は短波放送でパソコンでいつでも聴くことができます。



posted by: y-sakurada | お知らせ | 08:52 | comments(0) | - | - | - |
万葉集絵かるた



ホームページでご覧いただいております「万葉集絵かるた」の箱の表紙と解説の冊子です。 

静岡では老舗の吉見書店さんにこのかるたを4月より置かせていただいております。

また、吉見書店さんのご好意で静岡県立美術館の売店に置かせていただいております。

静岡市葵区呉服町の紙処「ますたけ」さんと静岡市駿河区の「椿の里」さんにも置かせていただいております。

表紙の絵は「大和三山」です。万葉集のふるさとは飛鳥の地です。万葉集の地名の四分の一は大和一国に集中しているからです。
posted by: y-sakurada | お知らせ | 19:19 | comments(0) | - | - | - |
西行と桜の書と絵


私の絵の先生森谷明子さんと書の小林椿園さんの展示を見てきました。
西行法師は二十三歳で出家し東北や四国など全国を旅して歌を詠みました。
この歌は西行の歌の中でも最も知られている歌です。
「願わくは はなの下にて 春しなん その如月の 満月の頃」
西行は『新古今和歌集』『山家集』などに多くの歌を残しました。歌聖といわれた柿本人麻呂以上に後世の文学への影響があります。
僧となり仏教を広める役もありますが西行の旅は何かを求めていたのではないでしょうか。
多くの歌にあるように行きついたものは「月」と「桜」だったのではないでしょうか。 
posted by: y-sakurada | お知らせ | 14:37 | comments(0) | - | - | - |
静峰園さんで購入できます
 椿の里の静峰園さんで「万葉集絵かるた」を置かせていただきました

椿の花の時期3月まで購入できます




早咲きの椿が咲いていました


posted by: y-sakurada | お知らせ | 15:50 | comments(0) | - | - | - |
加茂花菖蒲園 かるた会

平成24年1月5日に万葉集絵かるたのかるた会をしました。

これが「万葉集絵かるた」です

平成22年に完成しました





かるた会は加茂花菖蒲園で行いました



読み手は私が担当しました




小倉百人一首とはちがい、万葉集の歌なのでじっくり見て取り合いました









加茂荘で万葉時代の食事もして帰るところです
左から私と母です。

posted by: y-sakurada | お知らせ | 15:01 | comments(2) | - | - | - |