ホームページはこちら↓
万葉集 絵かるたホームページはここをクリック
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
但馬皇女の悲恋一

 今日は悲恋の歌を紹介します。

恋をしたのは但馬皇女(たじまのひめみこ)です。

父は天武天皇、母は藤原鎌足の娘氷上娘(ひかみのおとめ)で早く亡くなります。

持統天皇の勧めで高市皇子と結婚させられます。

高市皇子は天武天皇の長子で但馬皇女の異母兄になります。

この当時異母兄妹の結婚は普通にありました。

高市皇子は40歳位、但馬皇女は20歳位でした。

しかし高市皇子にはもうすでに正妃や他の妻がいました。

一説には高市皇子が見初めたとありますが持統天皇の強要だったとも考えられます。

しかし但馬皇女は高市皇子の異母弟の穂積皇子に心を寄せていました。

この三角関係は宮廷内でも知られることとなり持統天皇の耳にも届きました。

高市皇子は太政大臣(天皇、皇太子を除く皇族・臣下の最高位)なので

持統天皇は穂積皇子を少し離した方が良いと思ったのか罰しようとしたのか

近江の志賀寺に派遣し、一時閉居させました。

どれくらいかして戻った穂積皇子にとうとう但馬皇女は密かに逢いに行き

朝が明けぬ前に川を渡り帰ってきたというその時の歌です。

  万葉集第ニ・一一六  川は恋の障害を象徴しています。

「人言(ひとごと)を 繁み言痛(こちた)み おのが世に 

                  いまだ渡らぬ 朝川渡る」

〜人の噂がうるさいので、生まれてこの方渡ったことのない

                 暗い朝の川を渡るのです〜

人の噂の渦中にある但馬皇女は思い切った行動に出ました。

穂積皇子を想った歌三首は多分但馬皇女が亡くなった後に見つけられて

誰かが保存したものと考えています。






 
posted by: y-sakurada | 万葉集 | 17:43 | comments(0) | - | - | - |