ホームページはこちら↓
万葉集 絵かるたホームページはここをクリック
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Search
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
詠進歌



今年も詠進歌を宮内庁へ送ることができました。


母は20年程毎年のように送っています。

母の実家のそばに住む親戚の方が友達を招いては句会を開いていて母はよく

「お遊びにいらっしゃい」と誘われ皆さんと楽しんでいました。

そういう環境でしたので母は小さい頃から俳句を詠んでいました。


私は作文も俳句も得意ということはなく母が応募するのを見ているだけでした。

母の発案で「万葉集絵かるた」を作ることになり万葉集の勉強をしている内に

「歌」について考えるようになりました。

それで母につられて私も詠進歌を送るようになりました。


平成25年のお題は「立」です。

「立」についていろいろ思いめぐらしていましたが父のことを歌に詠みました。

父は2年前に他界しました。享年82歳でした。

一周忌の時でしたか、近所の方が話してくれました。

ある時家の前を通りかかると父が玄関先で立っていたそうです。

「何しているの」と聞くと「康子が来る」とうれしそうに答えたと言っていました。

母は私を産んだ後実家にしばらく行っていましたがその日に連絡があり

タクシーで帰って来るのを立って待っていたのです。

そのように生まれたばかりの私を迎えてくれたのでした。

有り難い思いで胸がいっぱいになりました。

多分3月上旬の暖かい日だったのでしょう。


歌は何とかできました。母も介護予防の運動に行かせてもらい

立って歩ける有り難さを詠み応募できたようです。

一般からの応募は毎年2万通位あるので10首選ばれるのはかなり奇跡的なこと。

しかも目指すは親子入選!!  これもかなり難しい・・・・。

とにかく参加することに意義があるのです。

歌を通して父のことを思いつつ母と励まし合い今年も締め切りが近づきました。



posted by: y-sakurada | 日々つらつら | 13:55 | comments(0) | - | - | - |